nesheep5's blog

プログラミング・子育て・家づくり・音楽 etc...

すぐできる!Java100本ノックをSlackに自動投稿するBot

先日、JJUG CCC 2016 Fallに参加してきました。 その中でJava100本ノックが紹介されており、面白そうだから社内でもやってみようかという話になりました。 Slackに問題を自動投稿するBotスプレッドシートとGASで作ってみたので、よければ参考にしてみてください。

手順

1.問題番号を保存するスプレッドシート作成

Java100本ノックSlackBot_-_Google_スプレッドシート.png

2.スクリプトエディタを開く

スプレッドシートのメニューから「ツール」→「スクリプトエディタ」を選択します。

3.GASにSlackAppライブラリを導入する

スクリプトエディタのメニューから「リソース」→「ライブラリ」を選択し、以下のLibrary Keyを入力します。

SlackAppのLibrary Key → M3W5Ut3Q39AaIwLquryEPMwV62A3znfOO

4.Slackのトークンを発行

こちらの記事を参考に、Slackのトークンを発行します。

5.コード作成

スクリプトエディタに以下のコードを貼り付けます。 TOKEN定数は上記で取得したトークンに置き換えてください。

var URL = "https://github.com/JustSystems/java-100practices/tree/master/contents/";
var TOKEN = "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"; // 取得したトークンを貼り付け

function main() {
  // 平日のみ投稿
  var today = new Date();
  if(isJapaneseHoliday(today) || today.getDay() == 0 ||today.getDay() == 6){return;} 
  
  var qNumRange = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(1, 2);
  var qNum = qNumRange.getValue();
  postSlackMessage(qNum);
  
  // 問題インクリメント
  qNum++;
  if(qNum > 100){ qNum = 1;}
  qNumRange.setValue(qNum);
}


function postSlackMessage(qNum) {
  var slackApp = SlackApp.create(TOKEN); //SlackApp インスタンスの取得
 
  var options = {
    channelId: "#java100knock",
    userName: "Java100本ノックBot",
    message: "今日の問題はこちら!\n" + 
             URL + ('000' + qNum).slice( -3 ) // 問題番号0埋め         
  };
 
  slackApp.postMessage(options.channelId, options.message, {username: options.userName});
}

function isJapaneseHoliday(date) {
  var year = date.getFullYear();
  var month = date.getMonth();
  var day = date.getDate();
  
  var startDate = new Date();
  startDate.setFullYear(year, month-1, day);
  startDate.setHours(0, 0, 0, 0);

  var endDate = new Date();
  endDate.setFullYear(year, month-1, day);
  endDate.setHours(23, 59, 59, 999);

  var cal = CalendarApp.getCalendarById("ja.japanese#holiday@group.v.calendar.google.com");
  var holidays =  cal.getEvents(startDate, endDate);

  return holidays.length != 0;
}

この状態でmainメソッドを実行すると、Slackのjava100knockチャンネルに問題が投稿されます。

6.起動トリガーを設定

スクリプトエディタのトリガーアイコン(時計のマーク)より、トリガーを設定します。 Java100Knock.png

この設定で毎朝8~9時に問題が自動投稿されます。(ソース内で平日のみ投稿するように制御しています)

投稿された問題は以下のような感じになります。 Slack_-_Paygent.png

参考

広告を非表示にする